子供用バランスボールの選び方|失敗しないバランスボール選び

子供用バランスボールの選び方|失敗しないバランスボール選び

今子供用バランスボールが人気です。
子供用バランスボールで不安定な態勢を体感し、対応していくことで体幹を鍛えて反射神経を鍛えることで怪我をしにくい体を作ることができるといわれています。

 

実際にヨーロッパの学校では、イスではなくバランスボールを導入しているところもあります。
バランスを保つ運動により血流がよくなって成績が伸びる効果があるというデータもあります。
気軽に取り組めて子供の成長に効果的なバランスボールが今熱いです。

 

子供用バランスボールの選び方ですが、なんといってもサイズを間違えないようにしましょう。
小学校低学年なら35cm直径くらいのもの、高学年向けには45cmくらいのものがいいでしょう。
具体的には身長と大きさは以下の目安で選んでみてください。

 

身長100センチ以下 直径35センチ
身長100〜120センチ 直径45センチ
身長120〜150センチ 直径55センチ

 

 

また、アンチバースト機能が付いたバランスボールが安全上おすすめ。
仮にバランスボールが割れるような衝撃があった場合でも、風船のように割れるのではなく、ゆっくりと空気が抜けていくような機能です。
割れて下に落ちてしまったら大きな怪我に繋がる可能性があります。

 

子供用バランスボールで人気なのは「ギムニク製」ですね。
アンチバースト機能も付いています。

 

ギムニク35センチ

 

ギムニク45センチ

 

また、使用上の注意点として、必ず大人の目の届く場所で使用することにしましょう。
元気のある子供が勢いよくバランスボールに飛び乗って落下し骨折してしまうような事故も起きています。

 

また、バランスボールとはちょっと違いますが、イタリア製の馬型のゴム製木馬ロディも人気です。
赤、青、黄色などのはっきりとした色合いのとても愛嬌のある顔をしています。
こちらもバランスを取りながら運動できるので、バランスボールはちょっと心配だな、と言う方にはいいですね。